新社会人は希望額は必要最小限に!

      新社会人は希望額は必要最小限に! はコメントを受け付けていません。

銀行や消費者金融のカードローンは、基本的には本人に安定した収入があり、個人信用情報に問題が無ければ契約は可能です。一部においては、勤続期間に制限があるものの、消費者金融であれば新社会人で入社から間もない場合でも契約することができます。

しかし、新社会人の場合は、融資希望額は必要最小限に留めて申し込むことが重要です。そもそも、新社会人は収入はあるものの、安定性が確実であるか、年収が確定しているかという条件では不利になります。あくまで年収は源泉徴収により確定されて時点でのものとなり、申し込み時点では見込み年収となります。

そのため、月収が高くても見込み年収というだけで条件は不利になり、融資する側としても慎重な判断が行われます。そのため、短期間のうちに確実に返済できる金額を提示し、審査で不利にならない対応がポイントになります。