カードローン金利の仕組みとは?

      カードローン金利の仕組みとは? はコメントを受け付けていません。

カードローン利用時の金利とは、銀行に支払う手数料のようなものです。カードローンの金利は、融資を受けた金額に対してかかるものとなりますので、借入金額が大きければ大きいほど、その後に支払う利息も多くなります。

そのため、100万円~200万円、あるいは300万円~500万円といった大きな金額での融資では、仮に金利が1%しか違わないとしても、総支払額が大きく異なるようになるのです。たとえば、カードローンで100万円を60回払いで借りた場合、金利がたった1%違うだけでも、総支払額が3万円以上も異なるようになります。

仮に2%の違いであれば6万円以上の差、3%の違いであれば9万円以上の差となるのです。上記は、仮に100万円の融資を受けた場合ということで記載をしましたが、これが200万円だった場合、あるいは300万円だった場合には、さらに何倍もの支払い金額の差が生じることとなります。カードローンの金利は、出来る限り低い金利で融資を受けたほうが、毎月の返済金額も低くすることができ、尚且つ支払う利息も少なくすることができるのです。