総量規制対象外のキャッシングとは?

      総量規制対象外のキャッシングとは? はコメントを受け付けていません。

キャッシングのサイトや説明などを調べるとよく耳にする「総量規制」と「総量規制対象外」という言葉があると思います。キャッシング初心者には馴染みがないものですが、知っておかないとキャッシングの審査時に困ったことになるので、今回はこれを説明していきましょう。

まずは総量規制というものですが、これは貸金業法に新たに定められた制度であり、年収の1/3以上の借り入れは禁止されるというものです。この総量規制によって本人の返済能力を超えた過度の借り入れを抑制して、過剰な借り入れによる金融トラブルから消費者を守るという意味合いがあります。この総量規制が対象となるキャッシングはアコムやプロミスのような消費者金融系のお店のほとんどとなりますが、その理由は消費者金融系は審査の優しさをウリにしているため、過剰な借り入れを行いやすかったという過去の事例が数多くあったからです。

さてこの総量規制に関しても例外があって、それが今回紹介する総量規制対象外のキャッシングとなります。これは文字とおり年収の1/3以上の借り入れでも審査が通過して借り入れが出来るということになります。

この総量規制対象外に対応するキャッシングは銀行系と言われているキャッシングであり、審査の厳しさは消費者金融系よりも遥かに高いと言われています。そのため厳格な審査のもとに返済金額や能力を審査するために、返済能力があると認められれば年収の1/3以上でも借り入れをすることができるようになります。もちろん合理的な範囲での増額となりますが、それでも大口でお金が必要となったときには、総量規制対象外のキャッシングを検討してみるのはいい選択だと思います。