銀行系カードローンの遅延利息について

      銀行系カードローンの遅延利息について はコメントを受け付けていません。

支払いが遅れると遅延利息というのが発生しますが、銀行系カードローンの遅延利息というのは基本的に

大手ですとほぼ20%近くの金利を取るように設定されています。 消費者金融ですと中小問わずほぼ法定レベルぎりぎりまで遅延利息は取りますが

地方銀行だと若干安くなっています。

銀行にもよりますがおおよそ遅延利息は安いと15%前後当たりとなっており、金利設定は安いです。

これは、金利の設定が厳しすぎると返済ができないこともありますが、あまりとりすぎてしまうこことで地方の銀行の評判をとさないように敢えて低めの設定にしているのだろうということがうかがえます。

もちろん、遅延利息が低いからといって返済しないと余計に返済が苦しくなりますので、遅延しないようにしっかりと返済しましょう。